(2017/08/22)
カワセミのペリット
P1360639
カワセミが大口を開けていたのでペリットを吐き出すのかと思って見ていたら、
P1360660
出てきた。
P1360661
出すまでは結構大変そう。
P1360662
首を振ってペリットを右後方に飛ばしていた。
P1360669
スッキリ軽くなったかな。

(2017/09/05)
コサメビタキ
P1370504 (1)
公園にコサメビタキが数羽来ていた。
P1370477 (1)

ヨシゴイとため池の除染

市に問い合わせていた件が電話と文章でも回答がありました。

郡山市では今年に入ってからため池の除染が始まっているようですが、市内のため池で繁殖する鳥の中には、例えば、県のレッドデータブックで絶滅危惧II類のヨシゴイがいます。 ヨシゴイの繁殖に必要なヨシやヒメガマの群生がため池の除染のために繁殖の最中にも抜かれているようなのですが、ヨシゴイが繁殖しているヨシやヒメガマの群生の抜き取りや除染は、例えば繁殖が終わる秋以降にするなど、池で繁殖する生き物、特に絶滅危惧種に対しての配慮がもう少しあればと思うのですが、難しいでしょうか?

という問いに対して、

夏鳥の営巣が確認されたため、有識者(野鳥の会)の意見を伺って繁殖の目安となる7月末まで作業を中断し、再開の際にも意見を伺った。除去作業は生息する野鳥に注意を払い慎重に行う。

といった内容の回答でした。再開の際、最初に除去された小さめのヒメガマの群生の中に生後1〜2週の雛が3羽はいたのですが、確認できなかったのでしょうか... あと、ヨシゴイは時期を少しずつずらして繁殖していくので、繁殖の目安が7月末だと営巣が早い最初の組の繁殖が一段落つくかどうかぐらいなので、ちょっと厳しいなと思いました。こういった公共事業というのはこうして折り合いがついたかのようにして進めていくものなんでしょうけど、それゆえに中途半端な保護になってしまっているのが残念です。

P9050002
池のヒメガマの引き抜き作業はだいぶ進んでいた。この日確認できたヨシゴイは成鳥のメス1、幼鳥の鳴き声2〜3ぐらい。