6
毎年同じ場所にやって来るカヤクグリ。
雪が積もったときは林の奥に移動するようですが、雪が溶けるとまた同じ場所に戻ってきます。
2
種子を嘴でころころと転がして(皮をむいて?)食べる。
5
雪沿いに落ち葉を掘って 種子を探すので、通ったあとは雪の境界線が曖昧になります(笑)
10
見る角度によって印象が違うのが面白い。
4
正面は無地で地味だけど、
3
後ろから見ると凄い模様な気がします。
11
無地(ツートン)
1
 柄

最後に動画です。

仲間に呼ばれて探しているところ。
羽をパタパタ動かすスピードが速いです。