(2014/07/08)
6
先週よりだいぶ成長したヨシゴイ幼鳥
21
黒かった虹彩は黄色(まだ透明感のある金色)に。
13
羽根の裏側はこんな感じ。
14
伸ばしたところ。

20
親は雛に直接餌を運ばず、少し離れた場所に降りて、雛に追いかけさせて食べさせるようになった。
22
必死に追いかける雛がかわいい。
15
運動させた直後にタンパク質を与えるという、筋肉を付けるのに理に適ったやり方。
16
ヨシゴイの給餌は面白い。
7
大きな獲物。これも幼鳥の餌になるのでしょうか。嘴で一旦刺してからくわえ直して飲み込んでいた。
親は餌を一旦消化させてから戻して与えていると思うので、幼鳥への給餌は2、30分に1回といったところ。
3
待ち時間にはあくびも多い。
2
これもあくび。
1
中には水面に首を伸ばして狩りの真似?を始める幼鳥も。
以前、切れて残った葦の茎の先を的にして繰り返し練習しているのを見たことがあります。

18
写真を確認したら、別の場所にも幼鳥がいました。今観察しているのより大きいかもしれないです。
今年は4つがいか、もしかしたら5つがいくらいいるのかも。